司法書士 はやし事務所

春日井市・高蔵寺の司法書士はやし事務所/相続・登記・債務整理など無料相談

HOME»  債務整理»  任意整理・過払い返還

任意整理・過払い返還

任意整理とは

任意整理とは

任意整理とは、まだ自己破産をするほどの状況ではないが、このままでは自転車操業になってしまうような場合に最適な債務整理方法となります。

一般的には「裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接サラ金業者やクレジット会社などと和解交渉をして債務整理をすること」と言われています。これを簡単に言うと、「このままでは自己破産しなければならない状況に陥ってしまうので、法律で認められた利率(約18%)で、今までの取引を計算し直し、債務額を確定し、さらに、これからの利息(将来利息)を原則カットしたうえで、3年程度の分割弁済にする和解契約をする」手続きということになります。

この手続きの特徴は、弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができる手続きであるということです。もちろん和解交渉自体、本人ができないかと言えば、可能でしょう。但し、本人や親族による交渉では、各債権者の取り立ては止まらないのが現状です。結果として、サラ金・クレジット業者のいいなりの和解契約が締結されてしまうこともあります。

 

任意整理とは

任意整理において、弁護士・(認定)司法書士に依頼し、手続きが開始され「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」という書類が債権者のもとに届くと、法律上、すぐに借金の返済がストップし、取立ても止まることになります。任意整理を弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができるというのは、「受任通知」という「水戸黄門の印籠」のような権利を弁護士・(認定)司法書士のみが与えられているからなのです。そして、取立てに追われることのない精神的に落ち着いた状況で、これからの生活のあり方や、返済計画を立てていけばよいのです。

さらに、任意整理の特徴として重要なのは、本人がどこかに出向いたり、誰かと交渉したり、書類を用意したりする必要が無いということです。つまり、依頼をした後は、弁護士・(認定)司法書士が全ての手続きを代理して行うことになります。そのため、弁護士・(認定)司法書士との信頼関係はより重要になってきます。
もちろん、お近くに信頼できる弁護士・(認定)司法書士がおられる場合は、その弁護士・(認定)司法書士に任せたほうが間違いないと思われますが、もしお近くに弁護士・(認定)司法書士がおられない場合は、お気軽にご相談下さい。

 

任意整理のメリット・デメリット

○メリット

任意整理を弁護士・(認定)司法書士に依頼した場合、法律上、すぐに返済の必要がなくなり、取立てもなくなる。
利息制限法で定められた約18%の利率で、取引当初から計算し直すため、債務額が減額される可能性がある。
将来利息(今後支払わなければならなかった利息)原則カットを目指す。
「任意整理」する債権者を選択することができる。(「任意整理」したくない債権者はそのまま支払い続ける。)
手続きを全て弁護士・(認定)司法書士が行うため、時間的な拘束を受けず、生活に支障が無い。

 

×デメリット

ブラックリストに載り、5年~7年、借り入れやローンが組みにくくなり、カードが作れない。
引き直し後の元本を減額することは(一括弁済を除き)、個人民事再生と異なり、通常できない。

 

過払い金

過払い金

過払い金とは、「返還請求が出来る払い過ぎの利息」のことです。
利息制限法を超えたグレーゾーン金利(灰色金利)の支払を長期に渡って行っていた場合に、その払いすぎた利息(過払い金)の返還を求めることが可能です。

最近のテレビニュースや新聞報道でご存じの方も多いと思いますが、最高裁判所により利息制限法を超えた利息は実質的に無効であるとの判断がなされました。
この判断により利息制限法を越えて払ってきた超過部分の利息は時効などの特別な事情がない限り、返還を求めることが可能となりました。

 

過払い金はあなたのお金です

利息制限法という法律により決められている利子(利息)よりもはるかに越える利率を設定することで、お金を借りた方(借り主)が、消費者金融会社などに余分に支払ってしまったお金のことを「過払い金」と言います。そのお金は、本来、返済者自身であるあなたのお金なのです。全て返還してもらうのが普通ではないでしょうか?
ただ、業者との交渉が難航することもありますし、訴訟を提起することが多いのも事実です。

過払い金は黙っていても消費者金融会社が勝手に支払ってくれる類いのものではありません。こちら側から消費者金融会社に請求しないと返金には応じてくれません。そのまま放置しておけばそのうち時効にかかってしまい請求することすらできなくなってしまいます。
また、昨今の消費者金融の置かれた経営状況を考えると、いつ破たんしてしまうか分からない状況ですので、そうならないうちに早めに手続きを取られることをお勧め致します。